編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

創業者が語る100億ドルを投じた米デルの事業戦略--包括性や拡張性で競合に対抗

末岡洋子

2013-08-29 14:05

 米Dellは8月27~29日、中国・北京でイベント「Dell Solutions Summit」を開催した。初日の基調講演に登壇した創業者兼最高経営責任者(CEO)のMichael Dell氏は、サービス分野でも標準化と拡張性を持ち込み、価格を下げつつ高度なサービスを提供すると述べた。

 PC企業からサーバ、ストレージなどエンタープライズシステムに拡大したDellは、数年前から一連のIT事業を扱う総合企業になるという大きな目標を打ち出している。Solution SummitはDellの一連のサービスを展示する重要なイベントとなり、2008年北京五輪のメインスタジアムの近くにある会場には、Dell氏はじめエンドユーザーコンピューティング、エンタープライズ、ソフトウェア、サービスの4事業のトップが勢揃いした。


Dell Solutions Summit

 サービス提供におけるDell氏のメッセージは、包括性、拡張性、そして低コストだ。「クラウド、ビックデータ、モバイルなどの新しいトレンドにより、技術が消費される方法が大きく変わりつつある。Dellのサービスは、このようなトレンドを求めやすい価格で提供し、システムをモダン化、簡素化するのを支援する」とDell氏は述べる。約5年前に変革戦略を掲げた当初から一環して、設計から構築、実装、運用、そして管理とサイクル全体をサポートするエンドツーエンドの総合ITベンダーというビジョンを維持してきたという。

 ビジョンを実現するにあたり、Dellは社内開発と提携、買収の両方を積極的に行っている。「(総合ITベンダーとしての)ビジョン構築のため、ポートフォリオに100億ドルを費やした」とDell氏、2012年だけでその半分となる50億ドルを投じたという。2012年はソフトウェア事業部を新設、IBMの幹部を務めた後にCAのCEOを務めていたJohn Swainson氏を事業部トップに迎え入れるなど、戦略を大きく進めた年となる。Dellは現在、非公開企業となる計画を打ち出しているが、そこでもDell氏は(非公開企業となることで)戦略を進めるための投資を加速できる、と理由を説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]