編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

自分の中にとどめておくべき10のこと--職場で嫉妬や争いを避けるために - (page 2)

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-09-11 07:30

6.機密情報

 機密情報とは、あなたに内密に伝えられる情報のことだ。もし上司や会社のオーナーから機密の情報を与えられたり、同僚についての機密情報を手に入れたら(外部の情報源から得たものだとしても)、それを漏らさないようにすること。この問題には実際には複数のレイヤがあり、その1つが法的な問題だ。この罠に落ちてはならない。

7.退職の計画

 退職の希望や計画は、すぐに職場で広まってしまう。退職の意思を固めたら、同僚に話したくなってしまうかもしれない。あるいは、そのニュースを広めるべきだという義務のようなものさえ感じる人もいる。しかし、もしそれをやれば、会社との別れは予定よりもずっと早く訪れるだろう。それに、自分から退職するのと、首になるのでは、あなたに対する評価はまったく変わってくる。仕事を辞める計画は、実際に去る時が来るまで、誰にも言わないことだ。

8.政治と宗教

 政治と宗教は、職場で議論するには危険な話題だ。そのような議論は、同僚たちの間に決定的な超えられない壁を作ってしまい、敵意や不快感、言い争い、怒りなどを引き起こす可能性がある。これらの話題を論じるのを避ける人が多いのには、理由があるのだ。これらはどちらも個人的な問題であり、プライベートにとどめておいた方がよい。私は、自分とはまったく異なる政治信条や信仰を持つ多くの人たちと、長年一緒に働いてきた。そうするための唯一の方法は、自分の意見や感情、考えを自分の内側だけにとどめておくことだ。

9.給料

 給料の額については、決して話し合ってはならない。絶対に避けること。例外は、あなたの給料を支払う立場の人間だけだ。同僚にはあなたの給料を知る権利はないし、あなたにも彼らの給料を知る権利はない。もし知ってしまえば、嫉妬の感情が生まれるかもしれない。そして、それが何につながるかは分かっている。この情報は、秘密にしておくべきだ。さもなければ、どうなるかは分かっているはずだ。

10.ソーシャルメディア

 ソーシャルアカウントは問題を引き起こす場合がある。あなたが良識に逆らって、同僚(あるいは会社)の悪口を、ソーシャルネットワークのアカウント1つに投稿したとしよう。もし実際に投稿して、同僚や上司がそのアカウントにアクセスできるようなら、時限爆弾がセットされたようなものだ。ソーシャルネットワークは、仕事とは明確に分けておくこと。職場の人間とは、TwitterやFacebook、Pinterest、Tumblrなどのアカウントを交換してはならない。もちろん、LinkedInはまた別だ。ただし、TwitterのフィードがLinkedInのアカウントに流れ込まないようにしておくこと。さもなければ、境界線を越えてしまうだろう。

常道を守れ

 破るためにある、というルールも存在する。しかし、職場でルールを破ったら、その報いを自分で受けることになる。もちろん、会社や職場はいずれも異なる。あなたの職場環境では、ここで挙げたルールのいくつかは当てはまらないかもしれない。それでも、何かを同僚と共有する前には、いつも常識を働かせた方がよい。その方が、ずっと楽しく生産的な、そしてドラマに煩わされない職場生活を送れるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]