編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ソフトバンク、M2M構築のサポートサービスを提供開始--約200カ国で利用可能

山田竜司 (編集部)

2013-10-10 18:37

 ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルは10月10日、国内外で事業を展開する企業向けに、車両や機械、設備などを遠隔で監視、制御する機器間通信(マシンツーマシン:M2M)を総合的にサポートするサービス、「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」(SMSP)を開始すると発表した。


「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」サービス概要

 SMSPでは、M2Mに必要なセンサネットワークの構築や、通信回線と機器調達、データ収集および活用、機器ネットワークの管理やコールセンターなどのサービスを一括で提供する。顧客はM2Mを利用する際の手間や初期投資、保守運用などを軽減できるという。

 SMSPでは、ソフトバンクモバイルとウィルコムの回線を軸に、パートナー企業と協力しながら、企業のM2Mシステムの構築や運用をサポートする。

 さらに、約200の国と地域にまたがるモバイル回線と、安全性を考慮した国際通信ネットワークとして「IP-VPN」を利用する。このうち約70カ国では現地の通信会社の廉価な回線が利用可能という。また、各種センサー機器から収集した大量の情報を活用するビッグデータ分析サービスを、クラウド経由にてオプションとして提供する。課金、請求、回収業務として、決済の代行も実施する。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]