Oracle Days Tokyo 2013

ライオン、ハウス食品、東京海上日動--ExadataによるDB統合の効果とは

大河原克行 2013年10月22日 20時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは、ハードウェアとソフトウェアを統合した垂直統合型システム「Oracle Exadata」に関する日本市場における取り組みについて説明した。

日本オラクルのテクノロジー製品事業統括本部長で専務執行役員の三澤智光氏
日本オラクルのテクノロジー製品事業統括本部長で専務執行役員の三澤智光氏

 Exadataは、2008年の市場投入以来、1つのマシンですべてのデータベースワークロードを実現することを目的に開発された製品。日本オラクルのテクノロジー製品事業統括本部長で専務執行役員の三澤智光氏は「Exadataは、Ver.1においてはデータウェアハウスとしての活用であったが、Ver.2ではオンライントランザクション処理(OLTP)の専用マシンといった使い方が増え、その後、データウェアハウスとOLTPの複合的なワークロードに対応し、さらに複数のデータウェアハウスや複数のOLTPを統合したデータベースコンソリデーションの提案が増加した。

 今後は、Database as a Serviceという形で、これまでのコンソリデーションを、進化させた提案に注力していくことになる」とした。

 三澤専務執行役員は、Exadataの実績についても言及。「販売台数、顧客数ともに順調に成長しており、ハイエンドサーバ、ハイエンドストレージ市場においてトップシェアを獲得しているのは確かだろう。業種別には、まんべんなく広がっている。

 産業分布に応じて製造、流通での導入が多いが、この分野では比較的小さな規模のものもある。一方、金融、通信、公共分野では、規模の大きいものに集中している」などとしたほか、既存顧客からのリピートオーダーが増加していること、メインフレームのデータベースからの移行が2割程度に達していることにも触れた。

Exadataの変遷を説明した
Exadataの変遷を説明した

 さらに「メインフレームの技術者は、全世界でみても、日本とインドにしかいない。これは危機的な状況である。メインフレームを活用し続けることはリスクである」などとした。

 「Exadataでは、Oracle Database 11gに強制的に移行することになるため、それによって、日本の企業が、Oracle Databaseの新たなバージョンへ移行するきっかけにはなっているが、全体的にみると、まだまだである。日本の企業は、アップグレード、マイグレーションという考え方が遅れている。パッチマネジメントの重要性を、日本のユーザーに問わなくてはならない」とした。

 また、Exadataのエコシステムについても触れ「Exadata Ver.1を投入した当初は、オラクルがどこまでハードウェア事業をやるのかといった疑問や、Oracle Databaseを稼働させるためのハイエンド製品が売れなくなり、パートナーのビジネスモデルを破壊するといった理由から警戒されていた。

 だが、導入実績が増えるに従い、発売当初は9割だった直販比率が逆転し、現在、7割がパートナー経由の販売となっている。パートナーもオラクルの製品を動かすには、Exadataがいい商材であるということを実感している。Exadataは、コンソリデーション提案によって、アプリケーションの受託ニーズが獲得しやすくなり、これをデータセンターに展開できるというメリットがある。垂直統合型の製品において、パートナーエコシステムが完成した唯一のソリューションだといえる」と位置づけた。

 Exadataの具体的な導入事例についても説明した。

 データウェアハウスの活用事例としては、ハウス食品におけるリアルタイムビジネスインテリジェントを紹介。すべての社員を対象にしたこの事例では、事業会社を横断した販売動向の横串分析の実現を目指しており「既存システムに比べて30倍以上の性能改善と、多くの社員に対して、分かりやすい画面で、より速く情報を提供できるようになる」とした。

ハウス食品の事例
ハウス食品の事例

 データベースコンソリデーションの事例としては、歯磨きや洗剤などのメーカーであるライオンが、メインフレームのデータベース移行に加えて、SAP ERPの統合や、情報系で活用していたTaradataの統合により、最大20倍の高速化とデータ量の50%削減、運用保守費用の削減という効果を得た。

 東京海上日動システムズでは、社内で活用していた100に上るデータベースを統合し、運用コストの削減と情報収集に関するスピードアップに成功したという。

 楽天は、IBMの「Informix」で構築していた楽天市場のデータベースサーバを集約。「膨大なトランザクションを処理するとともに、Oracle Maximum Availability Architectureによる高可用性によって実現したという。スケーラブルにノンストップで運用している。Exadataにおいて、最もミッショクリティカルな仕組みを構築している」と述べた。

 ファストデータソリューションの活用事例では、NTTコミュニケーションズが、複数のレイヤの通信状況を複合的にリアムタイム判定し、異常を検知して、未然に予防するという使い方を示した。「M2Mでの活用は今後増加していくことになるだろう。Exadataと、ExaLogicとの連携が増加しており、特にM2Mではこの組み合わせが活用されている」という。

M2Mは今後の注目分野の1つだ
M2Mは今後の注目分野の1つだ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]