受験ロボ、代ゼミ東大模試で偏差値60

山田竜司 (編集部) 2013年11月25日 16時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国立情報学研究所(NII)は富士通研究所とともに、人工頭脳プロジェクト『ロボットは東大に入れるか』の数学チームで共同研究を進めている。同プロジェクトでは11月25日、ロボットが受験した東大模試の結果を発表。偏差値60を記録したという。


東ロボくんの東大模試の答案用紙

 今回のプロジェクトは、代々木ゼミナールの“代ゼミ模試”に挑戦。数学チームでは、全国センター模試(数IA、数IIB)と東大入試プレ(文系、理系)を受験した。人工頭脳「東ロボくん」による自動での求解の結果、東大模試では、文系で4問中2問、理系は6問中2問完答、文系理系とも受験者中の偏差値約60という結果が出た。

 数学の入試問題をコンピュータが解くとはどんなことか。これは、人間にとって理解しやすい自然言語や数式で表現された問題文を、コンピュータが計算プログラムで実行可能な形式に変換し、プログラムで問題を解くことである。

 そのために、問題テキストを形式的な意味表現へ翻訳し、コンピュータが処理できる形式に変換後、数式処理や自動プログラムで回答するという手順が必要という。

 一方、今回のテストでは、問題テキストの構文解析および文脈解析など言語処理の一部で人による介入があった。今後は意味解析、数理的な規制の最適化技術など、計算技術を深化させ、高度な数理解析が自動化されることを目指す。さらに意味解釈における問題の表現の仕方や求解処理の手順の工夫など高度化のための研究開発を進めるとした。

 「東ロボ」はNIIの新井紀子教授を中心に2011年にスタート。2016年までに大学入試センター試験で高得点をマークし、2021年には東京大学入試突破を目標としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算