編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

データサイエンティストがいる企業は0.9%--データ分析の専門家でも8.3%

山田竜司 (編集部)

2013-11-27 13:56

 野村総合研究所(NRI)が11月22日に発表した調査結果によると、データを分析する専門家が社内にいる割合は8.3%という実態が明らかになった。以前から指摘されている、データを分析する人材が不足しているという状況が具体的な数字となって表れた。


図1:データ分析の専門家「データサイエンティスト」がいるか(N=664、有効回収945から無回答を除く、出典:NRI)

  データ分析の専門家「データサイエンティスト」がいるかどうかを見ると、「データサイエンティストという呼称を持つデータ分析の専門家が社内にいる」が0.9%、「データサイエンティストという呼称ではないがデータ分析の専門家が社内にいる」が7.4%となった。実際にデータ分析担当がいる企業は1割に満たなかった。


図2:データ分析の専門家は、どのような専門性を持つことを期待しているか(複数 回答、N=54。図1でいるとした企業に限定、出典:NRI)

 それでは、実際に社内にいる企業でのデータサイエンティストの役割はどんなことなのだろうか。データ分析の専門家に対して、どんな専門性を期待しているのかを聞くと、「業務知識を持ち、データ分析に基づく仮説立案と検証を通して業務改善を提 案する」が79.6%、「統計や機械学習などに関する知識を持ち、高度な分析を行う」が63.0%となった。

 NRIは今後、「日本型データサイエンティスト」が活躍するだろうと予測をしている。調査は9月に情報システム部門945人にウェブで実施した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]