編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NICT、テレビ放送帯のホワイトスペースでLTE通信が可能なシステムを開発

山田竜司 (編集部)

2013-11-30 15:33

 独立行政法人情報通信研究機構(NICT)はホワイトスペースで利用可能な、LTE(Long Term Evolution)技術を活用した移動通信システムの基地局と端末アダプタを開発した。11月27日に発表した。


NICTが開発したホワイトスペース対応 LTE システム基地局(左)と端末アダプタ(右)

 今回開発されたシステムの基地局と端末アダプタは、テレビ放送帯(470~710MHz)のホワイトスペースにおいて、LTE技術による移動通信を技術的に可能にするというもの。現在、移動通信網は基地局と端末アダプタから構成され、携帯電話用通信帯(2GHz帯)を利用している。

 このシステムは、複数の周波数帯間をシームレスに切り替えて通信トラフィックをOSの処理を軽減(オフロード)させるなど、周波数資源の有効利用と周波数特性に応じた通信が可能であり、カバーエリアの広いモバイル機器向けブロードバンド通信などでの利用が期待できるとアピールした。

 今回開発したシステムは、平成25年度に総務省からNICTが受託した「複数周波数帯の動的利用による周波数有効利用技術の研究開発」の成果を利用して実現したものという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]