編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

キヤノンITS、情報漏えい対策ソフト「GUARDIANWALL」と「WEBGUARDIAN」の新版

NO BUDGET

2013-12-17 17:09

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は12月17日、情報漏えい対策ソフトウェアの新版「GUARDIANWALL Ver7.5」と「WEBGUARDIAN Ver3.7」を発表した。2014年1月14日から販売する。

 GUARDIANWALLは、メールに含まれるキーワードや添付ファイルの種類などの各種検査と、送受信先の配送条件を組み合わせることで情報漏えいを防止するメールフィルタリングソフト。ウェブフィルタリングソフトのWEBGUARDIANは、URLフィルタリングによるアクセス先制限機能に加え、ウェブメールやSNS、掲示板、オンラインストレージなどの送信データのコンテンツフィルタリング機能も搭載している。

 GUARDIANWALL Ver7.5では、添付ファイルの自動暗号化機能が強化され、パスワードをランダムに設定するか、あらかじめ設定した固定のパスワードを使用するかを指定できるようになった。頻繁にメールを送信する相手に対してパスワードを連携しておくことで、都度パスワードを連絡する手間を省くことができる。グループの管理機能で指定したメールアドレスがメンバーとして登録されているグループを検索できるようにもなった。

 どちらのソフトともOffice 2013に対応、検索機能の対象として使えるようになった。管理画面のUIも改善され、管理画面の操作性が向上、管理者アカウントの検索機能が追加されている。税別価格は、50ユーザーでGUARDIANWALL Ver7.5が96万円から、WEBGUARDIAN Ver3.7が25万円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]