編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本HP、40GbEのL3スイッチ「FlexFabric 5930」--OpenFlowやVXLANもサポート

NO BUDGET

2013-12-26 19:54

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は12月26日、1UサイズのL3スイッチ「HP FlexFabric 5930 Switch」を発表した。価格は960万3400円から。同日から出荷を開始した。

 FlexFabric 5930は、40ギガビットイーサネット(GbE)に対応したデータセンター向けの高密度ボックス型L3スイッチ。1Uサイズの筐体に40G QSFP+を32ポート実装し、HPが提供する40GbE対応の「Split Direct Attach Cable」と組み合わせることで、40GbEの1ポートを最大4ポートに拡張、FlexFabric 5930で1台あたり最大128ポートの10GbEを接続できる。

 HP独自の仮想シャーシ技術「HP Intelligent Resilient Framework」を利用することで最大4台まで接続し、最大416ポートの10GbEを単一のスイッチとして制御できる。大規模データセンターでは40GbEの集約スイッチとして使用することで高速、高密度なバックボーンネットワークの構成が、中小規模の環境ではコアスイッチとして使用することで40GbEに加え10GbEで接続されている多数のサーバやスイッチも効率よく集約できるという。

 サポートするプロトコルは「TRILL(Transparent Interconnection of Lots of Links)」「SPB(Shortest Path Bridging)」「FCoE(Fibre Channel over Ethernet)」「DCB(Data Center Bridging)」となっている。

 今後、SDNを構成するプロトコルである「OpenFlow 1.3」、オーバーレイプロトコルの「VXLAN(Virtual eXtensible VLAN)」や「NVGRE(Network Virtualization using Generic Routing Encapsulation)」のハードウェア処理も予定している。将来的にファームウェアを無償バージョンアップすることで、既存ネットワークの構成を意識することなく、エンドツーエンドでの仮想ネットワークを構築できるとしている。


(日本HP提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]