編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、OpenFlow対応スイッチに新製品--仮想テナントネットワークを一元管理

NO BUDGET

2013-12-19 19:02

 NECは12月19日、標準規格「OpenFlow」に対応したスイッチ「UNIVERGE PF」シリーズの新製品の販売を開始した。OpenFlowはSDN(Software-Defined Network)を実現するための主要技術となっている。

 新たに発売されたのは「UNIVERGE PF6800 ベーシック」「UNIVERGE PF6800 Unified Network Coordinator」(PF6800 UNC)「UNIVERGE PF5220F-20S2XW」の3製品。税別価格と出荷日は、PF6800 ベーシックが300万円で2014年1月20日、UNCが500万円で1月27日、PF5220F-20S2XWが241万円からで1月7日となっている。

 PF6800 ベーシックは、OpenFlowをベースにNECが独自に開発した「Programmable Flow」のコントローラに相当するProgrammableFlow Controller(PFC)。既存製品の「PF6800」が持つ各種機能をオプションライセンス化して低価格とした。必要な機能は追加のライセンス費用を払うことで利用可能という。初期導入コストを抑え、SDNのスモールスタートが可能としている。

 PF6800 UNCは、複数コントローラを統合管理するソフトウェア。異なるPFCで管理している“仮想テナントネットワーク(VTN)”の一元管理、異なるPFCにまたがるVTNを設定することが可能としている(画像)。

 より大規模なデータセンターネットワークや複数拠点にまたがるネットワークを統合管理する場合などに適用領域を拡大できるとしている。データセンターをまたがった仮想ネットワークの構成や管理などができるほか、パブリッククラウドとプライベートクラウドが連携する、ハイブリッドクラウド環境への応用も可能という。

 PF5220F-20S2XWは、ギガビットの光インターフェースを22ポート搭載するProgrammableFlow Switch(PFS)。PFSラインアップ中ではエッジスイッチ寄りに位置付けられており、中規模の企業ネットワークへの適用が想定されているほか、光インターフェース搭載でメディアコンバータが不要となり、ビル内のフロア間接続に使用するのに最適としている。


(NEC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]