編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アイティフォー、データセンター内の電力供給経路を可視化する製品

NO BUDGET

2014-01-21 18:29

 アイティフォーは1月21日、同社が販売するデータセンター管理システム(DCIM)「Trellis」のオプション「パワーシステム・マネージャー」の販売を開始した。パワーシステム・マネージャーを加えたTrellisの税別価格は1ラックあたり10万円。1000ラック以上のデータセンター事業者を対象に、今後1年間で5社からの受注を目標としている。

 Trellisは米Emersonのネットワークパワー事業部の製品。アイティフォーでは2012年8月から販売している。パワーシステム・マネージャーは、データセンターでサーバやネットワーク機器への電力供給経路をPC画面上に単線結線図で“見える化”する。

 データセンターの電源機器は表計算ソフトなどを使って手作業で管理されていることが多く、重大な障害が発生した場合には障害復旧に時間を要したり、作業時の人的ミスで被害を拡大させるなどの問題があった。今回のパワーシステム・マネージャーは電力がどの経路でどの機器に供給されているかをリアルタイムで追跡、障害発生時にはアラートメールを発信するなど即座に障害箇所を特定できる。

 単線結線図やフロア図、ラック構成図などの作成は、スペック情報が紐付けられた機器のイラストをドラッグ&ドロップで操作する。1万を超える種類の機器が登録されており、それらを選んで配置していくようになっている。

 無停電電源装置(UPS)の定期点検などで電源供給経路の切替が必要な場合には、そのUPSがどの機器と接続されているかの依存関係を簡単に一覧でき、点検準備に要する時間を大幅に短縮できるという。機器のリアルタイム情報は、国内外の電源関連機器メーカーが採用する、産業界で事実上の標準となっている通信プロトコル「Modbus」を使って収集する。

 電力がどのような経路でどの機器にどのくらい使われているかをリアルタイムで追跡できる。経路上の機器や配線にエラーが発生したり、消費電力に変化が出たりした場合は、即座に発生箇所を特定して、重大障害の発生リスクを最小化できるとしている。


単線結線図(アイティフォー提供)

 Trellisの新オプションとして、もう一つ「モバイルスイート」の販売も開始した。税別価格は132万円から。iPad上で表示や操作が可能となるオプションで、例えば機器障害発生時、iPad上でフロア図やラック構成図を表示させ、該当する機器所在の検索しながら障害発生現場へ急行して、その場でマニュアルや設定情報などあらゆる情報にアクセスしながら迅速な復旧作業を行えるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]