編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

クラウドストレージ利用が拡大--背景にクラウドファーストやビッグデータ

山田竜司 (編集部)

2014-02-28 10:30

  IDC Japanは2月27日、国内の“Storage in the Cloud”市場の2012年売上実績と2013~2017年の予測を発表した。Storage in the Cloudは、パブリッククラウドで提供されるストレージの従量課金サービスを指している。2012年の国内Storage in the Cloud市場は前年同期比38.5%増の114億6900万円。2013年の売上見込みは161億600万円、2012~2017年の年平均成長率は29.9%、2017年の市場規模を423億5400万円と予測している。

 IaaS/PaaSを利用する企業が増加し、Storage in the Cloud市場も拡大し続けている。現在では“クラウドファースト”の考えからシステムの構築や更改でクラウドの検討、採用が増えていると背景を説明した。ファイル共有サービスやオンラインバック アップサービスも緩やかに成長しているという。

 クラウドストレージサービスの需要を押し上げる要因の1つとしてビッグデータを挙げている。クラウドの利用でビッグデータへの初期投資の負担がなくなり、プロジェクト失敗の資金的なリスクが抑えられるため、クラウドストレージサービスを利用したデータ分析を試みるユーザーが増えていると解説している。


2010~2017年の国内Storage in the Cloud市場予測

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]