IoTには“霧”が必要--シスコが提唱するフォグコンピューティング基盤の正体

中城朋大 (インサイト) 2014年02月27日 20時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シスコシステムズは2月25日、“フォグコンピューティング(Fog Computing)”を実現するためのプラットフォーム「Cisco IOx」を発表した。IOxに対応した製品を今春から順次リリースする。

 フォグコンピューティングは、“モノのインターネット(Internet of Things:IoT)”に対応するために同社が提唱しているネットワーク環境のコンセプト。エンドユーザーにクラウド(雲)より近く、地理的に分散して存在しているのがフォグ(霧)だからだ。フォグコンピューティングは、端末により近いネットワークのエッジでアプリケーションを実行できるようにすることで、エンドユーザーの状況や端末の環境変化に素早く対応できるようになるという。

Guido Jouret氏
Cisco Systems IoTグループ バイスプレジデント兼ジェネラルマネジャー Guido Jouret氏

 米Cisco Systems IoTグループ バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのGuido Jouret氏によると、デジタルインフラの普及率は、電気や電話が普及する5倍の早さであり、2020年にはネットワークに接続された端末数が500億台に達するという。デジタルインフラが急速に普及する中、ネット上で人やプロセス、モノなどをインテリジェントにつないでいく必要があるが、従来のクラウドとエンドポイントをつなぐ形のコンピューティングモデルでは、それに対応することが難しくなるという。

 「クラウドとエンドポイントをつなぐ際に、分散型インテリジェンスであるフォグコンピューティングの階層を経由させる。これにより、エンドユーザーを取り巻く状況や環境の変化に素早く対応できる。IOxはフォグコンピューティングを具現化するためのプラットフォームだ」(Jouret氏)

 IOxは、ネットワークOS「Cisco IOS」にLinuxを統合したもので、ネットワークエッジ側にアプリケーションの実行環境を持たせることが大きな特徴だ。

 そのアーキテクチャの特徴は、ホスティングを行うための抽象化レイヤであること、PaaS環境と仮想マシンをサポートすること、アプリケーションをライフサイクルで管理できること、言語環境をプラグインできることなどという。ルータ「ISR 819」「CGR 1120」「CGR 1240」を最初のIOx対応製品として展開していく予定となっている。

Tony Shakib氏
Cisco Systems IoTバーティカルビジネス担当バイスプレジデント Tony Shakib氏

 CiscoでIoTバーティカルビジネス担当バイスプレジデントを務めるTony Shakib氏によると、IOxアプリケーションは、データの発生元に近い場所で実行することでデータを適切に監視、管理、応答することが可能になるという。具体的なシステムの例としては、交通システムを挙げた。

 従来の交通システムでは、緊急時に信号が変わらずに渋滞が発生し緊急車両が通行できない場合がある。そこで、IOxアプリケーションを導入し、スマート交通システムを構築する。そこでは、たとえば、緊急車両の点滅光を感知すると信号機が自動で変わり、緊急車両が空いた車線を通れるようになるという。

 スマート交通システムでの信号機は、インテリジェントライティング機能でセンサが動きを感知した時のみ点灯し、交通が途絶えたら消灯されるようにする。これにより、エネルギーの効果的な利用も可能になるとしている。

奥雅春氏
smart-FOA 代表取締役社長 奥雅春氏

 会見には、フォグコンピューティングを推進する日本のパートナーである、smart-FOA 代表取締役社長の奥雅春氏と、Preferred Infrastructure(PFI)代表取締役 最高経営責任者(CEO)の西川徹氏が参加。それぞれがどのようにフォグコンピューティングを展開していくかを説明した。

 smart-FOAの奥氏は、同社が手がける“FOA(Flow Oriented Approach)”システムとフォグコンピューティングの概念が非常に近かったということがパートナー提携の決め手になったと話した。

 FOAは、生産現場での問題解決や情報共有のためのシステム構築のアプローチ。センサから得られるイベントデータを背景にある情報とともに情報の塊である“情報短冊”として作り出し、フローメッセージとして誰もが共有できるようにする。もともとのコンセプトやノウハウは、ブリヂストンの生産現場で培われたものだという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]