モノのインターネットの衝撃

クラウド連携やモノのインターネット--オラクルが注力する新領域

吉澤亨史 2014年01月29日 17時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは1月28日、クラウド統合とInternet of Thingsへの取り組みについて発表した。この2つの分野は、ハードウェアとソフトウェアを作り込んで最適化する「エンジニアドシステム」「インダストリ」とともに、同社が注力している分野だ。

 エンジニアドシステムにおいては「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2」を1月23日に発表、インダストリにおいては「ORACLE INDUSTRY LEADERSHIP SUMMIT 2014」を4月24日に開催し、同社の製品やサービスが業務にどう寄与するかを紹介するという。

日本オラクル執行役員 桐生卓氏
日本オラクル執行役員 桐生卓氏

 今回の発表では、クラウド統合とモノのインターネットとも呼ばれるInternet of Things(IoT)への取り組みについて、同社の執行役員でFusion Middleware事業統括本部長である桐生卓氏が説明した。クラウドには「短期導入」「変化への柔軟性」「CAPEX(資本支出)削減」といった期待や効果がある一方で、「戦略的ITビジョンの欠如」「全体アーキテクチャの複雑化」「不明確な責任所在」といった課題もあると桐生氏は指摘する。

 具体的には、企業が社内の部署ごとにPaaS、Salesforce.comなどが提供するSaaS、Amazon Web Service(AWS)といったクラウドサービスへと個別に接続している実情があり、それらがチェーンのように複雑に絡み合い、外せなくなる日も遠くないとした。

 特に、同社がターゲットとする、ミッションクリティカル性や拡張性が求められる領域では、クラウドの連携特性が重要となる。大きな課題は、認証やAPIなどSaaSごとに異なる接続方式の違いをいかに吸収するかにあるとした。

セールスフォース向けにシステム連携アダプタを新たに提供

 そこで同社では、300以上のアダプタの提供実績を生かし、SaaS向けアダプタの提供を開始する。その第一弾となるのが、同日に発表された「Oracle Cloud Adapter for Salesforce.com」だ。Salesforce.comに特化したアダプタで、社内環境の連携実装の作業工数を従来の約50%にまで低減するという。

 また、アプリケーションとバックエンドのシステムをつなぐ際のサービスレベル契約(SLA)を担保するため、連携基盤において「Business Transaction Management」による可視化を可能にしている。


「Oracle Cloud Adapter for Salesforce.com」による手順比較

 エージェントが自動的にシステムマップを作成するため、クラウドからオンプレミスまで含めた運用状況の可視化を実現できる。アラートの設定も可能だ。これにより課金状況が分かり、コストの最適配布が可能になる。

 さらに、Oracle Cloud Adapter for Salesforce.comに「Oracle Service Bus」「Oracle Technology Adapters」「SOA Management Pack Enterprise Edition」をセットにした「クラウド統合パック」も発売した。


「Business Transaction Management」による可視化

IoTの軸はライフスタイル、業務改革、社会インフラの3つ

 Internet of Thingsへの取り組みについて、桐生氏は「ライフスタイル」「業務変革」「社会インフラ」の3つの軸で整理した導入事例の表を示した。BtoB、BtoCともに、すでに多くの実績があるとして、いくつかの事例を紹介した。そのアーキテクチャは、各所にあるセンサからインターネット経由でデータを吸い上げ、取捨選択し、分析して必要なアクションにつなげるというもの。

 同社では、センサをJava Embeddedにすることでさらに賢くし、デバイス側でもデータの取捨選択ができるようにする。これにより言語を統一し、一気通貫のシステム構築が可能となるとしている。リアルタイムイベント処理を「Oracle Event Processing」と「Oracle Coherence」で対応し、リアルタイム性の低いものはハードディスクに格納して分析し、情報流量を制御する。

 分析は「Exadata」「Big Data Appliance」で実施する。これまで同社はイベント処理と分析を強調していたが、センサの技術についても注力していくとした。また桐生氏は、コスト面での同社の強みもアピールした。


Internet of Thingsへの取り組み

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]