編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コリン・パウエル元米国務長官、セールスフォース取締役に就任

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2014-03-15 12:44

 先ごろ創立15周年を迎えたCRM大手のSalesforce.comが、将来を考えて、新しい取締役に著名人を任命した。

 サンフランシスコに本社のあるSalesforce.comの取締役に、米国時間3月13日付でColin Powell元陸軍大将が加わった

 元米国務長官であるPowell氏の参加により、Salesforce.comの取締役会はメンバーが増えて11人になる。

 Salesforce.comの取締役会は、共同創設者で最高経営責任者(CEO)兼会長のMarc Benioff氏をはじめ、テクノロジ業界の大物が多数を占めているが、過去に公的な職にあった人物を迎えるのはPowell氏が初めてではない。同氏の前には、元駐日大使のJohn V. Roos氏が就任している。日本はSalesforce.comにとって主要市場の1つだ。

Powell氏が自身のFacebookプロフィールに投稿した自分撮り写真。およそ60年前に撮影。
Powell氏が自身のFacebookプロフィールに投稿した自分撮り写真。およそ60年前に撮影。
提供:Facebook.com/Colin Powell

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]