日立システムズ、位置情報サービスのiAPPSに出資--M2Mサービスなどと連携

山田竜司 (編集部)

2014-04-15 16:15

 日立システムズは4月15日、シンガポールのベンチャー企業のiAPPSに出資すると発表した。株式の6.9%を取得した。

 iAPPSは、シンガポールやマレーシア、インドネシア、中国などで携帯端末などの位置情報と建物や駅などの“固有情報(Point of Interest:POI)”を活用したサービス基盤やライブラリ群、アプリケーションを提供している。

 シンガポールの公的機関をはじめ、大手不動産業や小売業などにシステム提供実績がある。シンガポールと同様に通信環境が良好であり、スマートデバイスが普及する日本に、ビジネス展開を考えていた。

 日立システムズは今回の出資でiAPPSと協業、共同研究を推進し、新サービスを開発するとした。日立グループの持つ社会インフラ、流通、小売向けの製品やサービス、M2M(Machine to Machine)サービスと連携していく考えだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]