編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

Final Cut ProからPremiere Proに--動画クリエイターの愛用ツールに異変か - (page 3)

末岡洋子

2014-04-17 12:11

 「環境や技術は常時変化しており、これに迅速に対応していく必要がある」とHelmly氏。1製品に200もの新機能をロールアウトしているというが、ユーザーが自分のペースにあわせて更新を適用できるのもメリットだ。アイコンにアップデートがあることを知らせる通知がプッシュされ、ユーザーは詳細を読んでアップデートするかどうかを決定できるという。

 動画では2013年秋にUltra HDサポート、最新のマスキングツールなどの新機能をロールアウトした。Premiere Proでの現在のフォーカスは4K、そして8K Ultra HD関連という。このほか、全製品で対応しているカラーマネジメント(「Lumetri」)の強化などにも注力していく。

 Helmly氏によると、Creative Cloudのユーザー数は150万人近く。同サービスは30日間無料トライアルを提供しているが、無料版のユーザーを入れると数百万人規模になるとのことだ。そのうち、Premiere Proは4年連続で2ケタ成長を遂げており、2013年には新たに80社以上のコンテンツ企業を獲得した。

 なお、パネルに参加したクリエイターと同様に、AppleのFinal Cut 7終了に伴い、多くのクリエイターが自社製品に移行していることにも触れた。映画監督のコーエン兄弟もPremiere Proに移行したほか「ハリウッドから低予算のインディー系まで、さまざまなクリエイターが自社製品にスイッチしている」という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]