セキュリティの論点

組織内CSIRT/SOCのあり方--即時の意思決定体制が不可欠

中山貴禎(ネットエージェント) 2014年05月15日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は、組織内CSIRT(Computer Security Incident Response Team)や組織内SOC(Security Operation Center)、インシデントレスポンスサービスなどについて解説します。

 最近、情報セキュリティ企業などから、組織内CSIRT、そしてさらに専門特化した組織内SOCの構築支援や運用支援のサービス、インシデントレスポンスサービスが数多く提供されるようになりました。

 コンピュータのネットワークがまだそれほど普及していなかった頃、ネットワーク上に存在するデータは限定的で、そのデータの重要度や機密度もそれほど大きくはありませんでした。情報を狙うなど悪事をたくらむ人物もやはり限られており、攻撃の方法もそれほど多くはありませんでした。

 しかし、今となっては玉石混合、ネットワーク上にはありとあらゆるデータが存在するようになり、もはやネットワーク上に存在しない情報の方が少ないのではないかというほどです。

 それに比例して、数あるデータの中でも特に価値の高い、希少で重要なデータを狙う犯罪者も爆発的に増えています。それも今や単独犯から小人数の仲間による犯行どころか、大規模な犯罪組織の存在をうかがえるようになり、犯行の手口も多種多様かつ巧妙化の一途をたどっています。

 よく「インシデントの発生理由はセキュリティポリシーが適切に運用されていなかったからだ」という意見を目にすることがありますが、これは一概にそうとは言い切れないと感じます。攻撃と防御のイタチごっこ、とはよく聞きますが、ゼロデイ攻撃など先手を取られることがますます増えているこのご時世、組織内の担当者がどれほど気を付け、既存のセキュリティ対策を施していても、重要な情報を守り切れるとは言えないのが実情です。

 現状を単独の組織が打開することは非常に困難であるため、みんなで情報を共有して助け合おうという考えが、こうした最近のCSIRT/SOC設置、運用(支援サービスの提供)の理由の1つにあります。

 CSIRTというのは、情報セキュリティのインシデント(事件や事故)に対処するための機関の総称です。この機関は、最新の脆弱性情報や世界中で発生したインシデントとその関連情報、攻撃の予兆情報などの各種情報を収集、分析することと、分析結果に基づいて各種脅威への対応方針やその手順をまとめた防御策の策定、そして実際にインシデントが発生した場合の一連の対応などを主な役割とします。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算