編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

IE脆弱性への回避策とは--Tips

NO BUDGET

2014-04-30 18:45

 4月26日にMicrosoftが公表したInternet Explorerの脆弱性(CVE-2014-1776)について、キヤノンITソリューションズは4月30日、セキュリティソフト「ESET」のサイトで注意喚起と回避策を掲載した。

 この脆弱性はInternet Explorer 6~11に存在し、悪意のある細工がされたコンテンツを開くと任意のコードが実行されるというもの。同社では、すでにこの脆弱性を悪用した攻撃が行われているとされる一方、未だにMicrosoftからの修正プログラムが提供されておらず、回避策としてInternet Explorerのセキュリティレベルを「高」へ設定するよう推奨している。

 回避策の手順は以下の通り(Windows 7、Internet Explorer 11の場合)

  • 手順1

  • Internet Explorerの[ツール]→[インターネットオプション]より、「インターネット」オプション画面を開き、「このゾーンのセキュリティレベル」を[高]に設定。
  • 手順2

[セキュリティ]タブより[レベルのカスタマイズ]を選択、「セキュリティ設定」を[高]へ変更し、Internet Explorerを再起動する。

 なお、Windows XPに関しては、今後とも本脆弱性に対する修正プログラムがMicrosoftから提供されることはない。抜本的な対策としては、MicrosoftがサポートしているWindows Vista以降へのアップグレードが必要となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]