オラクル、ニュアンスとの提携を発表--音声技術をモバイルアプリで利用へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-05-22 13:00

 オラクルのさまざまな企業向けモバイルアプリで、Nuance Communicationsの音声機能が利用できるようになる。

 OracleとNuance Communicationsは米国時間5月21日、両社間での多年度契約の締結を発表した。この契約により、Oracleは「Nuance Cloud Services」を利用し、ERP(企業資源計画)やSCM(サプライチェーン管理)、CRM(顧客関係管理)、HCM(人材管理)向けのOracleアプリや、「Oracle Eloqua Marketing Cloud Service」「Oracle RightNow Cloud Service」「Oracle Taleo Cloud Service」で音声認識や音声合成を行えるようになる。

 Nuance Communicationsは、今回の提携により、企業の従業員が出先でも、社内でのデスクトップ使用時と同程度の生産性を実現できるようになるという理想的な成果が得られると述べている。同社は、音声機能や言語機能を企業向けアプリケーションに搭載することで、それが可能になると確信している。

 Nuance Communicationsのエンタープライズ部門でエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるRobert Weideman氏は以下のように語っている。

 従業員のエクスペリエンスの変革、そして従業員と組織の間で交わされる企業情報の伝達における品質や速度、シンプルさに対して限りない可能性が開かれる。

 Oracleのアプリケーション開発担当バイスプレジデントであるAlan Fothergill氏も、音声機能が同社の企業向けソリューションにもたらす可能性についての熱い思いを次のように語っている。

 スマートフォンやタブレットといったモバイル製品は、企業向けアプリケーションとのやり取りを行う主要なデバイスとして迅速に普及しており、Oracleは自社のさまざまなモバイルアプリを通じてその流れをリードしてきている。また、今回のNuance Communicationsとの提携によって、企業向けソリューションとのより容易かつより自然なやり取りを実現するための言語インターフェースの利用という流れをリードすることにもなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]