編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IIJ、M2Mシステム向け開発基盤をGIOに追加

山田竜司 (編集部)

2014-05-26 16:05

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は5月26日、ワイヤレスM2M (Machine to Machine)システム構築に必要なインフラや開発環境をクラウド上の基盤として提供する「IIJ GIO M2Mプラットフォームサービス」を6月2日より開始すると発表した。

 IIJ GIO M2Mプラットフォームサービスは、各種デバイスのセンサ情報を収集し、蓄積、可視化、分析するためのアプリケーション開発環境をIaaS/PaaS「IIJ GIO」上で提供するサービス。従来は用途別に個別構築していたM2Mシステムの開発環境を“クラウド型の共通基盤”として提供し、コスト削減や短期間でのシステム導入に貢献するという。また、収集したセンサデータと既存の業務システムとのデータ連携が可能なため、ビッグデータの活用やデータ解析によりサービスレベルを向上させ、業務の効率化ができるとした。

 アプリケーション開発基盤としてPTCの「ThingWorx プラットフォーム」を採用している。プログラミングすることなく、「ドラッグ&ドロップ」の操作でM2Mのアプリケーションを開発できる。

 また、API(Application Programming Interface)の提供により、顧客の業務システムや外部システムとのデータ連携が可能だ。例えば、故障対応や駆けつけサービスなどのオペレーションを自動化させるなど、業務効率を向上できるとした。


サービス利用イメージ(IIJ提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]