編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

クラウドサービス市場が急成長、アマゾンとセールスフォースがけん引--IDC

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-07-08 12:36

 IDCによると、クラウドサービスの売上高は2013年に457億ドルに達し、2018年まで年平均23%の成長を続けるという。その先頭を走るのはSalesforce.comとAmazonだ。

 IDCのレポートによると、クラウドソフトウェアに対する支出(SaaSが主であり、PaaSはごく一部に過ぎない)がクラウド分野の売上高の86%を占め、インフラとしてのクラウド(コンピュートクラウドやストレージクラウドなど)は14%だという。


パブリッククラウドサービスの各二次市場における2013年の売上高、市場シェア、2018年までの年平均成長率

 ここでより注目すべきなのは、IDCの発表によるクラウド分野での順位だ。具体的には、SaaS市場をリードしているのはSalesforce.comだが、これは驚くに値しないだろう。第2位のSaaSプロバイダーはADPであり、第3位はIntuit。ADPは目立たない存在だが、人事給与関連のSaaSプロバイダーとして大手だ。この3社に続いて、Oracleが4位、Microsoftが5位につけている。

 PaaSではAmazonがトップを飾り、Salesforce.comとMicrosoftが2位を分け合っている。GXSとGoogleがそれぞれ4位と5位。

 IaaSについて予想外の点はなく、Amazonが40%のシェアを握っている。

 米国がクラウド市場の大部分を占め、その割合は市場全体の68%となっている。米国のシェアは2018年まで引き続き大部分を占めるものの、59%に低下する見込みだ。


世界パブリッククラウドサービス市場の2013年地域別市場規模と2013年~2018年の年平均成長率

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]