編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

SAP、グーグル、Dropboxなど6社、パテントトロール対策で結集

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-07-10 08:29

 エンタープライズソフトウェアの新興企業からシリコンバレーの大手企業にいたるまでが、特許トロールに対処するために結集した。

 License on Transfer(LOT)Networkというこのコンソーシアムは、「特許プライバティアリング」(Patent privateering)に関連する訴訟とそのリスクの低減を目的とする。

 LOT Networkの米国時間7月9日の発表によると、米国において2013年に特許不実施主体(Non-Practicing Entity:NPE)が提起した訴訟は6000件を超えたという。LOT Networkはこのような団体を特許トロールと呼んでいる。特許トロールが使用する特許の70%以上が、元は事業会社が保有していたものだとLOT Networkは付け加えている。

 LOT Networkは、特許主張主体(Patent Assertion Entity:PAE)に提訴されるリスクを低減することによってイノベーションを推進するコミュニティーである。既に5万件以上の取得済み米国特許を含む30万件近くの特許資産が、LOT Networkの管理下にある。

 LOT Networkは基本的に、特許のプーリングによってロイヤルティフリーのクロスライセンス契約を交わすという、オープンソースに近いアプローチをとる。同団体に加盟する企業は、特許がLOT Networkの外部に譲渡された後も自社を保護するライセンスを得られる。

 特許が売却される場合、LOT Networkの加盟企業は、このライセンスによって「特許売却先のいかなる特許トロール」からも保護される。

 現時点でLOT Networkに加盟しているのは、SAP、Newegg、Google、Dropbox、キヤノン、Asanaの6社である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]