編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SAPジャパン、新社長に福田譲氏--BusinessObjects日本法人統合を指揮

ZDNet Japan Staff

2014-07-28 14:30

 SAPジャパンは7月28日、社長人事を発表した。同日付でバイスプレジデントでプロセス営業統括本部 統括本部長の福田譲氏が代表取締役社長に就任した。安斎富太郎氏は同日付で退任した。

 福田氏は1997年4月にSAPジャパンに入社。プロセス製造業の大手顧客を担当し、統合基幹業務システム(ERP)パッケージ導入での業務改革(BPR)や経営改革、情報化の提案活動に従事。2002年4月以降は化学石油業界の大手顧客担当、中堅中小顧客担当、食品や消費財、医薬、小売り大手顧客を担当する営業部長を歴任した。

福田譲氏
福田譲氏

 2007年に新規製品担当事業を統括するバイスプレジデントに就任し、ミドルウェアやビジネスインテリジェンス(BI)、経営管理ソリューション(EPM)事業、SAPが買収したBusinessObjectsの日本法人統合を指揮した。2011年から特定戦略顧客、流通サービス業、通信メディア業、プロセス製造業などの営業部門長を経験した。

 福田氏は、SAPのアジア太平洋日本地域のプレジデントであるAdaire Fox-Martin氏にレポートし、日本でのSAPの全ての事業戦略と活動を統括する。Fox-Martin氏は以下のようにコメントした。

 「世界の経済をリードしテクノロジの中心となる日本市場は、SAPにとって重要な市場。福田のリーダーシップのもと、SAPジャパンが日本での企業のグローバル化、イノベーション、成長を支援していくと確信している」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]