編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Internet Explorer」、古いActiveXコントロールをブロックする仕組みを導入へ

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-08-07 10:44

 Microsoftは米国時間8月7日、「Internet Explorer」に新しいセキュリティの仕組みを導入することをIEBlogで発表した。これは「out-of-date ActiveX control blocking」(期限切れActiveXコントロールブロック)と呼ばれる仕組みで、「Windows 7 SP1」または「Windows 8.x」を利用しているすべてのPCに対し、12日の月例パッチで導入される。

 ActiveXコントロールはInternet Explorerの機能を拡張するもので、便利ではあるが潜在的な危険も抱えている。今回導入される仕組みは、古いバージョンのActiveXコントロールを狙った、既知の脆弱性を利用した攻撃を防ぐものだ。最初のリリースでは、最も危険性が高いActiveXコントロールであるJavaをターゲットにしている。多くのPCやMacでは古いバージョンのJavaが利用されており、最新バージョンでは修正済みの脆弱性が攻撃の標的になっている。

 この新機能では、Microsoftのサーバ上に用意された定期的に更新されるXMLファイルを用いて、利用できないActiveXコントロールを特定する。このXMLファイルの最初のバージョンには、安全でないことが分かっている古いバージョンのJavaが掲載されるが、今後順次ほかのActiveXコントロールも追加される予定だ。

 ウェブページで脆弱性のあるActiveXを利用しようとすると、警告が表示されて、最新版へのアップデートを促されるが、安全ではないバージョンの実行を選択することもできる。企業ネットワークでは、古いActiveXコントロールの実行を一切禁止することもできる。あるいは、古いバージョンのJavaが必要である場合のために、安全であることが分かっているサイトのもののみ実行を許すなどのポリシーを定めることもできるようになっている。

 「Firefox」や「Chrome」、「Safari」などの他のブラウザでは、すでに同様の仕組みが導入されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]