編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

EMCストレージ新製品に見る“第3のプラットフォーム”の現実--データレイクにも対応

齋藤公二 (インサイト)

2014-08-15 18:30

 EMCジャパンが“第3のプラットフォーム”対応としてストレージの強化を続けている。

 ハイエンドストレージの新製品として「EMC VMAX3」、スケールアウト型NAS「EMC Isilon」の新版、オールフラッシュアレイ「EMC XtreamIO」新版の3つをラインアップに加えた。既存アプリケーション基盤に対する投資を削減し、新しいアプリケーション開発を推進するための環境構築を支援するという。

 EMCでは、ソーシャル、クラウド、モバイル、ビッグデータといったトレンドが作り出すIT環境を“第3のプラットフォーム”と呼び、従来の“第2のプラットフォーム”とは異なる要件が求められるとしている。

 “第2のプラットフォーム”のアプリケーションでは、RDBMSによる高度なデータ分析など、高度なデータサービスを高いパフォーマンスのもとで提供する必要があった。だが、“第3のプラットフォーム”のアプリケーションでは、「Apache Hadoop」を使った並列分散処理など、シンプルなデータサービスを大きなキャパシティのもとで提供する必要がある。

山野修氏
EMCジャパン 代表取締役社長 山野修氏

 7月31日に開かれた会見でEMCジャパン代表取締役社長の山野修氏は、「各プラットフォームのワークロードに応じた製品が求められているが、高度なデータサービスとシンプルなデータサービスという相反する課題に対応しなければならず、ギャップがあるのが現状だ。EMCはこのギャップを橋渡ししようとしている」と製品投入の背景を説明。今回の新製品群は、単なる機能拡張ではなく、新しいコンセプトや新しいアプローチを取り入れたバージョンアップであることを強調した。

ハイパーバイザをストレージOSに統合

 ハイエンドストレージの新シリーズとなるVMAX3は、新しいコンセプト「エンタープライズ データサービスプラットフォーム」を実現する新製品としている。

 米EMC エンタープライズ&ミッドレンジシステム部門プレジデントのBrian Gallagher氏は、エンタープライズデータサービスプラットフォームとは「パブリッククラウドとプライベートクラウド双方の特徴を取り入れたデータサービス用のプラットフォームで、データセンターに俊敏性、信頼性、管理性をもたらすもの」と表現している。

 具体的には、「Dynamic Virtual Matrix」という新アーキテクチャと「HYPERMAX OS」という新しいOSを搭載し、サービスレベルに応じた処理能力の割り当て、スケールアウト、瞬時のプロビジョニングができるようにした。

 Dynamic Virtual Matrixでは、最大384CPUコアでプールを作り、混合ワークロードに対してオンデマンドでそれらを割り当てられる。HYPERMAX OSは、ハイパーバイザを統合したストレージOSで、Linuxバイナリなどを直接ストレージの中で稼働させ、リアルタイムで無停止なデータサービスを提供する。

Brian Gallagher氏
EMC エンタープライズ&ミッドレンジシステム部門プレジデント Brian Gallagher氏

 「データサービスは、ファイル管理やメール管理、アプリ開発、仮想マシン、意思決定支援、トランザクション処理といったアプリケーション管理ごとに求められるサービスレベルが異なる。われわれは、こうしたサービスレベルの目的別に、アプリケーション管理をポリシーベースで自動化できるようにした。ユーザーは、マイクロ秒単位のパフォーマンスが求められるアプリケーションなら“ダイヤモンドクラス”を、ミリ秒単なら“ゴールドクラス”を、それ以下なら“シルバークラス”をといったように、サービスレベルのターゲットを選択するだけでよい」(Gallagher氏)

 サービスレベルのターゲットは新機能の「VMAX Advanced FAST Suite」を通じて行う。シングルクリックによるプロビジョニングが可能という。機能的には、バックアップやパブリッククラウドアクセスが強化された。

 バックアップでは「EMC ProtectPoint」を使ってバックアップサーバなしに、プライマリのVMAXから「EMC Data Domain」への直接バックアップが可能になった。リストアもData Domainから即時に可能という。パブリッククラウドアクセスでは、7月8日に買収したTwinStrataの技術を使って、アクセス頻度の低いデータをパブリッククラウドに移行させることができる。

 税別価格は1380万円から。7~9月中に提供を開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]