編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Apacheソフトウェア財団、分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop 2.5.0」を公開

ZDNet Japan Staff

2014-08-20 11:57

 Apache Software Foundationは米国時間8月11日、分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop」のバージョン2.5.0を提供開始した。

 本リリースの主な機能や改良点は以下の通り。

  • HTTPプロキシサーバ使用時の認証機能の向上
  • 「Graphite」に直接書き込むことができる新たなHadoop Metricsシンク
  • Hadoop互換ファイルシステム(HCFS)に関する仕様化
  • POSIX形式の拡張ファイル属性のサポート
  • WebHDFS API経由でfsimageを閲覧するためのOfflineImageViewer
  • NFSゲートウェイに対するサポートの向上とバグ修正
  • HDFSデーモンを操作するためのウェブユーザーインタフェース(HTML5とJavaScript)の改良
  • YARNのREST APIによる、アプリケーションのサブミット(実行)およびキル(終了)のサポート
  • YARNのタイムラインストアにおけるKerberos認証の統合
  • 指定したどのようなペアレントキューの下でも実行時にユーザーキューを作成できるFairScheduler

 なお、「Apache Hadoop 2.5.0」は2.xリリースにおけるマイナーリリースである。詳細についてはHadoop 2.5.0のリリースノートで確認できる。

ZDNet Japanエンタープライズモバイルセミナー
ZDNet Japanは企業システムのモバイル対応をテーマにし たセミナーを8月27日に開催します。企業がモバイル対応で創出できる価値とは 何かを考え、理解しておくべきことを掘り下げます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]