編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SAP、出張管理システムのコンカーを買収へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-09-19 12:27

 独ソフトウェア大手SAPは現地時間9月18日、出張費管理プラットフォームを手がけるConcurを83億ドルで買収する計画を発表した。

 Concurは1993年に米ワシントン州ベルビューで設立。150カ国にわたる2万3000以上の企業と2500万人のアクティブユーザーを擁している。

 SAPのクラウド事業ネットワークに統合されれば、SAPはこのプラットフォームの追加により、大きな収入源が期待できる。これは、25以上の業種におけるEコマース取引から生じるものだ。

 Concurの取締役会は9月に入り、この買収を全会一致で可決した。

 Concurは同社の出張費および経費精算のプラットフォームを、AirbnbやUberなどテクノロジ業界やトラベル業界の新進企業と提携することによって強化している。

 例えば、ConcurはAirbnbの宿泊情報を自社の「Triplink」サービスに統合している。Triplinkは企業の出張システム以外で予約されたフライト、ホテル、地上交通のデータや予約情報を取り込むプラットフォームで、既にFortune 100企業の70%以上で採用されている。

 買収手続きは2014年第4四半期か2015年第1四半期に完了する見込み。Concurによると、当面の間、現行の製品、サービス、サポート、アカウント管理、今後のロードマップが変更される計画はないという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]