IBM、「Dynamic Cloud Security」ポートフォリオを発表

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-11-05 16:27

 スマートテクノロジの投入は、IBMのエンタープライズクラウドおよびソフトウェアポートフォリオの代名詞になりつつある。そのトレンドに続くのが、同社の新しいインテリジェントセキュリティポートフォリオだ。

 この「Dynamic Cloud Security」ポートフォリオは、IBMの200人のエンジニアが、クラウドとオンプレミスでの展開に向けて構築してきた。

 クラウド上のユーザーデータとアプリを保護するために開発されたもので、IBMは、ハイブリッドクラウド環境を選択する企業をこの製品のターゲットとしている。ハイブリッドクラウドはデファクトスタンダードの(少なくとも広く採用されている)クラウドモデルになりつつある。

 Dynamic Cloud Securityの資産は、強化された可視化オプションからセキュリティ分析プラットフォーム「IBM QRadar」まで多岐にわたり、オンプレミスとクラウドベースのアプリの間に発生し得るギャップを解消するほか、ソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)製品とモバイルデバイスの橋渡し役にもなるという。

 IBMは、これらのつながりがパブリッククラウドまで拡大するという点を強調した。例えば、QRadarはIBMの「SoftLayer」クラウドのほか、「Amazon Web Services」のような外部のパブリッククラウドサービスにも接続することができる。

 Dynamic Cloud Securityポートフォリオの提供開始は今四半期の予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]