編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Windows 10テクニカルプレビューも対象--MS、11月のセキュリティ情報16件を事前通知

Larry Seltzer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-07 13:57

 Microsoftは11月のセキュリティ情報に関する事前通知を公開した。米国時間11月11日には合計で16件のセキュリティ情報が配信され、そのうちの5件は緊急レベルになる。

 16件のほぼすべてがWindowsに影響するもので、それ以外にMicrosoft Office、Microsoft Exchange、Microsoft SharePoint Foundation 2010 Service Pack 2に関するものがある。また、一部の更新プログラムではInternet Explorerと.NET Frameworkの脆弱性も対象となる。

 Microsoft Officeに関する2件の脆弱性は、Word 2007、Word Viewer、Office互換機能パック、Office 2007 IME(日本語)が影響を受ける。最新バージョンのOfficeは影響を受けない。

 緊急レベルのセキュリティ情報は5件あるが、そのうちの4件はWindows 10のテクニカルプレビュー版と、次期Windows Serverのテクニカルプレビュー版も対象である。これらの更新プログラムは通常のWindows Update経由で適用可能で、Microsoftはユーザーにそれらを適用するよう推奨している。

 緊急レベルの脆弱性の1件は、「特権の昇格に関する脆弱性」という異例の内容である。通常、この種の脆弱性が緊急レベルに指定されることはない。この更新プログラムはWindowsの全バージョンに対して配信されるが、Windows 7など一部のバージョンは脆弱性の影響を受けないとされている。そうしたバージョンのWindowsについては、「既知の脆弱性を修正する代わりに深層レベルで攻撃耐性を強化する」とMicrosoftは説明している。

 Microsoftは今回のセキュリティ更新プログラムにあわせて「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」の新しいバージョンも公開する予定で、配信の当日までには、Windowsの各バージョンに対するセキュリティ関連ではない各種の更新プログラムも追加されるものと思われる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]