編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「Raspberry Pi」の新モデル「A+」が登場--20ドルでより小型に

Luke Westaway (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)

2014-11-11 10:57

 プログラム可能なマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」がさらに小さくなった。英国ケンブリッジに本拠を置くRaspberry Pi Foundationがこのほどリリースした新製品「Raspberry Pi Model A+」は、ハードウェアの改善がいくつか施されたほか、全体的なサイズが縮小した。

 Raspberry Piは、コンピュータから余分なものを削ぎ落とし、最も基本的な要素のみで構成するというコンセプトの製品だ。シンプルで飾り気のない回路基板は、モニタなどの周辺機器に接続できるだけでなく、より大胆で独創的なプロジェクトにも活用できる。

 最新のRaspberry Pi Model A+は長辺が65mmとなっており、旧モデル「Model A」の86mmと比べて小さい。また、SDカードスロットをmicroSDカードスロットに置き換えたほか、GPIDピンを40本にして入出力の数を増やした。

 さらに、RAMは旧モデルと同じ256Mバイトだが、オーディオ回路に専用の低ノイズのパワーサプライを採用したとRaspberry Pi Foundationは述べている。

 Model A+は、7月に登場したより高性能な「Model B+」の下位モデルとして位置付けられる製品だ。Raspberry Pi Model A+は、英国でFarnellから15ポンド、米国でMCMから20ドルで発売されている。

 「ここ英国で製造を続けながら価格を(20ドルと先代より)5ドル下げられたことは、非常に驚くべきことだ」とRaspberry Pi Foundationの創設者Eben Upton氏は述べている

提供:Raspberry Pi Foundation
提供:Raspberry Pi Foundation

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]