マイクロソフト、「Visual Studio 2015」プレビュー版を公開--新たな無償版も

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-13 10:50

 Microsoftは米国時間11月12日、次期「Virtual Studio」のプレビュー版と、新たな無料版「Visual Studio 2013」をリリースした。

 「Visual Studio ’14」という開発コードで呼ばれていた次期版の正式名称は、「Visual Studio 2015」となり、「.NET 2015」とともにプレビュー版として公開された。

 Microsoftは2014年6月にVisual Studio 2015の初のプレビュー版を公開した。当時、正式な製品は2015年にリリースすると述べていた。

 Visual Studio 2015には、Microsoftの「Roslyn」.NETコンパイラプラットフォーム、「ASP.NET 5」(開発コード名:「Project K」)、「Apache Cordova」ツールが加わることになっている。MicrosoftはこのリリースでVisual C++の標準サポートの拡充も継続する。技術プレビューでは、スマートユニットテスト(旧Pex)と「Visual Studio Tools for Apache Cordova」の統合も加わっている。

 Microsoftは同日、「Visual Studio Emulator for Android」のプレビュー版も公開した。同エミュレータはVisual Studio 2015プレビュー版をサポートし、Visual Studioを利用してAndroid向けにビルドを構築する開発者をターゲットとしたもの。

 一方で、Microsoftは無償の「Visual Studio Express」に代わって新たに「Visual Studio Community」を発表した。Visual Studio Community 2013は無償で、同日よりダウンロードが可能だ。

 Visual Studio Community 2013は、Peek、Blend、Code Analysis、Graphical Debugging、C#リファクタリングなどのVisual Studioのツールに加え、5000種以上の既存のVisual Studioの拡張機能へのアクセスを含む。個人開発者または小規模組織の開発者向けであり、エンタープライズの開発者向けではないという。

 Microsoftのコーポレートバイスプレジデントで開発者部門責任者のSoma Somasegar氏によると、今後約1年をかけて、趣味のプログラマーをターゲットとしていたVisual Studio Expressを段階的に打ち切る計画だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]