編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

RHELから派生したLinux「CentOS」、毎月のローリングリリースに移行

ZDNet Japan Staff

2014-12-09 12:35

 CentOSは米国時間12月5日、毎月末にローリングリリースを提供する仕組みへの移行を発表するとともに、「CentOS 7」のローリングリリースを公開した。「CentOS」は、Red Hatによって無償公開されているソースコードから派生した、大企業向けのLinuxディストリビューション。

 発表によると、各ローリングリリースには、mirror.centos.orgのリポジトリにプッシュされた全てのアップデートが含まれ、セキュリティ、バグ修正、各種改善など、あらゆるアップデートが対象になる。全てのビルドはbuildlogs.centos.org/で公開される。

 リリースのファイル名には、日付と、コンテンツを示すビルドタグが含まれる。例えば、「20141129_02」というファイル名は、2014年11月29日までにmirror.centos.orgにリリースされた全コンテンツが含まれ、そのサイクルで2回目のビルドであることを示す。イメージのテストが必要なため、実際のリリースはこの日付から数日遅れるが、この差をできる限り縮めていきたいとしている。

 CentOSは今後、ローリングリリースで提供するコンテンツを拡充したいとしており、次のステップとしてCentOS 7のライブメディアを含める予定だ。次回リリース(2014年12月分)からは「CentOS 6」のコンテンツも対象とする予定。「CentOS 5」については、インストーラの仕組みの都合でローリングリリースに含める計画はないという。

 ローリングリリースによって、最近の「Heartbleed」や「Shellshock」、「POODLE」など、重大なセキュリティ問題に対処することを常に考えていくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]