編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

レッドハットCEOが語る--VMwareとの競合、「OpenStack」、「CentOS」

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2014-07-25 07:30

 Red Hatはハイブリッドデータセンターに向けたオープンソーススタックを確立するために、企業買収を続けている。同社の主なライバルは、もちろんVMwareだ。

 Red Hat対VMwareの戦いがどのように決着するのかはまだ分からない。しかし、Red Hatの最高経営責任者(CEO)Jim Whitehurst氏は、最後にはオープンソースが未来のエンタープライズITアーキテクチャを決定付けると主張している。

 筆者は同氏にインタビューし、クラウドやオープンソース、Red Hatのマスタープランについて語ってもらった。

 以下では、Whitehurst氏との対話で出てきた主要なテーマのいくつかを紹介する。


最近の買収とその全体像

 Red Hatは最近「OpenStack」のインテグレーターであるeNovanceと、「Ceph」というエンタープライズプラットフォームで知られているソフトウェア定義ストレージ(SDS)企業Inktankを買収した。Whitehurst氏によると、Red Hatは「IaaSやPaaSのためのオープンソーススタックを作り出そうとしている」という。Red Hatが買収基準で重視しているのは知的財産よりも、人材や、オブジェクトおよびブロックストレージのプラットフォームであるCephのような、先進的なオープンソースプロジェクトへの関わりだ。

 Cephはストレージのスケーラビリティを向上させる手段である。Whitehurst氏の主張によると、ストレージはクラウドコンピューティングと分析関連の新たなワークロードによって、オープンソースへと移行していくという。これには、OpenStackによってCephのようなテクノロジが時とともに採用されていくという意味も含まれている。

新たなワークロード

 Red Hatと、同社のストレージプラットフォームやクラウドプラットフォームの計画における意図は実際のところ、大企業における新たなワークロードを捕捉することにある。Whitehurst氏は「われわれはUNIXからLinuxへの切り替えにおいて、移行と置き換えをセットにしたアプローチをとってきた。しかし、より受け入れてもらいやすいのは、新たなワークロードのために『JBoss』のようなオープンソーステクノロジを採用し、その後で移行するというアプローチだ。クラウドの配備は常に新しいワークロード絡みのものとなる」と述べるとともに、Red HatのGlusterストレージテクノロジが、構造化されていないデータという新たなワークロードに向けたものだと付け加えた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]