編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

レッドハットCEOが語る--VMwareとの競合、「OpenStack」、「CentOS」 - (page 3)

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2014-07-25 07:30

CentOS

 RHELを軽量化したCentOSが人気を博している。CentOSはまた、Red Hatのサービスを利用するのではなく、自社でLinux管理者を用意できるという点で、企業から注目を集めているという主張もある。Whitehurst氏によると、その考え方は誤っているという。「CentOSは、サポートは不要だが安定したリリースを使いたいという人々に適した、RHELから派生したOSだ」と同氏は述べたうえで、「われわれのモデルに価値を見出せない人々には、少なくともRHELによく似た何かを使ってもらいたいと考えている」と述べた。

 また、Red HatがCentOSプロジェクトへの貢献著しい人物を雇用しているという点にも言及しておくべきだろう。Whitehurst氏は「われわれはCentOSを競合だと見なしていない。これは補完する存在と言ってもよい」と述べるとともに、CentOSを採用する企業はいずれにせよRed Hatの顧客にはならないはずだと付け加えた。

 ではRed Hatにとっての価値はどこにあるのだろうか?Whitehurst氏によると、CentOSによって開発者らは革新的な新しいものごとを、安定性を重視するRHELよりも速いペースでできるようになるという。同氏は「Red Hatは生産に向いているが、世の中にはOpenStackを用いた新たなイノベーションも数多くある」と述べるとともに「Red Hatファミリにはそういったものをサポートするものがなかった。CentOSの動きは迅速であり、われわれが提供しているポートフォリオとの隙間を埋めるOSなのだ」と述べた。

 言い換えれば、CentOSは開発者コミュニティーに模索の道を与えており、これによってRed Hatは貢献と、より早いペースでの学習が可能になっているのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]