編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

シスコ、セキュリティ企業Neohapsisを買収へ--セキュリティアドバイザリを強化

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-11 12:31

 Cisco Systemsは米国時間12月10日、セキュリティアドバイザリを手がけるNeohapsisを買収する計画を発表した。買収の条件については明らかにされていない。

 Neohapsisは、リスクや、情報セキュリティのレベル、コンプライアンス関連の問題を評価するためのセキュリティアドバイザリサービスを提供している。なお同社は、シカゴに拠点を置く株式非公開の企業だ。

 Ciscoやその他のハードウェアベンダーにとって、セキュリティがからんでくる機器やソフトウェアをコンサルティングサービスと密接に連携させることがますます重要になってきている。Neohapsisのような企業はしばしば、攻撃に対する最前線に立ち、アドバイスを提供するとともに、ベストプラクティスによる支援を行っている。

 NeohapsisはCiscoのセキュリティサービスグループに合流し、シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるBryan Palma氏によって率いられる予定だ。買収はCiscoの2015会計年度第2四半期に完了する見込みだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]