編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Opera、「iOS」向けブラウザ「Coast」をアップデート--表示時間短縮やキュレーション機能など

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)

2014-12-17 11:31

 Opera Softwareは、同社製ブラウザを「iPhone」と「iPad」向けに強化している。

 Opera Software(本社ノルウェー)は現地時間12月16日、「iOS」向け「Opera Coast」ブラウザをバージョン4.0にアップデートしたと発表した。同ブラウザが今回新たに搭載した「Turbo」機能は、画像や動画の圧縮をOperaのサーバに頼ることで、ページを読み込む時間を短縮するというものだ。

Opera Coast 4.0は、ページロード時間が短縮され、Discover機能を搭載する。
Opera Coast 4.0は、ページロード時間が短縮され、Discover機能を搭載する。
提供:Opera Software

 加えて、Opera Coastは今回、同社の「Discover」ツールを搭載している。Discoverは、ニュースや技術といった特定分野の記事をユーザーに自動的にフィードする機能で、ユーザーがどこかにアクセスしてコンテンツを探す必要をなくしてくれる。

 ボタンよりもタッチジェスチャを重視したOpera Coastは、2013年9月にiPad向けがリリースされ、2014年4月にiPhone向けが登場した。

 Opera Coast 4.0の新機能は、Operaのファンなら見慣れているはずだ。TurboはOperaの「Windows」向けと「Mac OS」向けブラウザで利用でき、Discoverは同社が提供する他のブラウザの複数バージョンに搭載されている。

 Macユーザーにささやかな付加価値を提供するために、最新版のOpera Coastは、同ブラウザで閲覧したページを、Mac上においてデフォルトで使用している各種ブラウザに自動送信する「Handoff」機能も搭載している。ただし、この機能を利用するには、MacとiOSデバイスの両方で「Bluetooth 4」と「iCloud」が有効になっている必要がある。

 Opera Coast 4.0は、Appleの「App Store」から無料でダウンロードできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]