編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Google Venturesの投資先に大きな変化--4分の1がエンタープライズ分野に

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-17 12:49

 Google Venturesの2014年を通じた投資額は16億ドル以上にのぼり、282社がその恩恵を受けたという。

 インターネット大手Googleのベンチャーキャピタル部門であるGoogle Venturesは今週、年次レポートを通じて、ITコミュニティーを感心させるような一連の印象深い数値を明らかにした。

 詳細を見てみると、Googleは2014年、投資額の4分の1近く(24%)をエンタープライズ分野に、特にデータ関係に振り向けている。

 そのポートフォリオには、ビッグデータ分野の新星であるClouderaや、ビッグデータ探索プラットフォームを手がけるMapDのみならず、データ分析のインフラ企業Kenshoを含め、新たな企業がいくつか加わっている(同ポートフォリオにはDataFox IntelligenceやDataPad、Datanyzeも含まれている)。

 オンライン給与支払いサービスを手がける新興企業ZenPayrollは2014年、「何千社という小規模企業」における年間で最高15億ドルの給与支払いを処理したという。

 また、クラウドベースのビデオ会議サービス「UberConference」に加入し、利用した人はおよそ800万人にのぼると言われている。

 しかし、これより多くの資金(36%)が、垂直市場であるライフサイエンスや医療、ヘルスケア関係の分野に向けられている。2013年に設立されたアンチエイジングプロジェクト「Calico」や、その他のデータ駆動型サービスを見れば分かるように、同社はこの分野に力を入れている。


提供:Google Ventures

 例えば今回のレポートでは、ソフトウェア開発会社Flatiron Healthが米国で治療中のがん患者のおよそ5人に1人の治療を支援しているとされている。また、大都市圏のIT技術に詳しい医療従事者の共同体であり、加入者数を増やしているOne Medicalは2014年、予約通りの時間に診療を開始できるようにすることで、加入者の時間の無駄を500万分(すなわち約8万時間)削減したとも記されている。

 ライフサイエンスや医療、ヘルスケア関係の分野に対する投資の伸びは、2012年の数値と比べると極めて大きく、突発的でさえもある。

 Google Venturesが2年前にライフサイエンス分野に投資した額は全体の6%にすぎなかった。当時、投資の32%がモバイル分野に、31%が「コンシューマー向けのインターネット分野」に向けられていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]