編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

2014年に消えた(またはいずれ消えそうな)10のテクノロジ - 9/10

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-12-22 07:00

「Google+」、内部からの批判を受ける

 検索大手が作ったソーシャルネットワーク。これは何をするためのものだろうか。Googleの元従業員のChris Messina氏はMediumへの投稿で「大失敗した」と書いている。3年間の大半をGoogle+を開発することに費やした同氏は「Googleも大失敗した」という。

 Google+はサービス開始以来、過去3年にわたって厳しい批判に直面してきた。Google+のサービスは急成長しており、2011年以来、5億人以上のユーザーを集めているが、その理由の一部には、他のGoogleサービスによるさまざまな呼び込みがあった。2011年以来、Google+には議論や方針転換がつきまとっている。

 このソーシャルネットワークの開発に携わった人物が、Googleは具体的な目的もなくGoogle+を作ることによって「大失敗した」と考えるなら、Google+の消滅は既に決まったようなものと考えて間違いない。検索からソーシャルに転身したGoogleがGoogle+から手を引くのも時間の問題だということになる。

「Google+」、内部からの批判を受ける

 検索大手が作ったソーシャルネットワーク。これは何をするためのものだろうか。Googleの元従業員のChris Messina氏はMediumへの投稿で「大失敗した」と書いている。3年間の大半をGoogle+を開発することに費やした同氏は「Googleも大失敗した」という。

 Google+はサービス開始以来、過去3年にわたって厳しい批判に直面してきた。Google+のサービスは急成長しており、2011年以来、5億人以上のユーザーを集めているが、その理由の一部には、他のGoogleサービスによるさまざまな呼び込みがあった。2011年以来、Google+には議論や方針転換がつきまとっている。

 このソーシャルネットワークの開発に携わった人物が、Googleは具体的な目的もなくGoogle+を作ることによって「大失敗した」と考えるなら、Google+の消滅は既に決まったようなものと考えて間違いない。検索からソーシャルに転身したGoogleがGoogle+から手を引くのも時間の問題だということになる。

提供:CNET

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]