CIOが選ぶクラウドでAWSが1位、グーグルは半減--Piper Jaffray調査

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-01-08 12:15

 北米、欧州、アジア太平洋地域の112人の最高情報責任者(CIO)を対象にPiper JaffrayのアナリストGene Munster氏が実施した調査によると、企業にとってモバイルと言えばまず「iOS」が第1の選択肢になっているという。

 企業向けの「iPad」販売が急増した理由の1つに、AppleとIBMの最近の提携が挙げられる。

 とは言うものの今回の調査結果には、IBMにとって好ましくない内容も含まれている。同調査では、ストレージベンダーとしてのIBMとは2015年にともに仕事をする予定がないと答えたCIOは67%にのぼっている。また、現在ともに仕事をしており、満足しているとCIOが答えたストレージベンダーの上位2社がNetAppとEMCであった一方、2015年にともに仕事をする計画のある上位のベンダーとして、比較的新しいNimble StorageとPure Storageの名前が挙がっている。

 パブリッククラウドに関しては、「Amazon Web Services」(AWS)が他を大きく引き離している一方、業界全体に値下げ競争を引き起こした「Google Cloud Platform」はCIOからの支持を減らしている。

 同調査によると、2015年にパブリッククラウドの利用を計画しているCIOのうち、AWSが望ましいと回答したのは35%となっている(2014年の調査結果である33%から上昇)。これに対して、Google Cloud Platformが望ましいと回答したCIOは2014年の14%から、今回は7%に減少している。「Microsoft Azure」は21%、「Rackspace」は16%で、いずれも2014年から1%増加した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]