編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Windows 10」用に開発中とされるMSの新ブラウザ「Spartan」にさらなる噂 - (page 2)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-01-09 13:00

 NeowinのBrad Sams氏は1月7日に、同氏が実際に目にしたという本物のSpartanの初期バージョンのスクリーンショットに基づいて作り上げた画像を投稿している。

 またSams氏はSpartanが「Windows 8」の一部である「モダンUI」のIE、すなわち「Windows Store」スタイルや「Metro」スタイルと呼ばれるバージョンのIEを置き換えるだろうとも伝えている。The VergeのWarren氏は、SpartanがWindows Storeアプリとなり、同ストアから実際にダウンロード可能になるという話も聞いていると報じている。

 先ごろの記事にも書いたように(にもかかわらず、多くの報道やブログに正しく伝わっていないのだが)、MicrosoftはIEを廃止してSpartanに置き換えるわけではない。IEは、必要な人向けのオプションとして、Windows 10搭載のPCやデスクトップに提供される。一方のSpartanは、Windows 10のPC、デスクトップ、タブレット、携帯電話にインストール可能になる。

 ちょっとした余談だが、Spartanが描画エンジンとして(「Webkit」といった他の選択肢ではなく)「Trident」を使い続ける理由には、サイトの互換性を向上させるという目的もある。Spartanは、古いバージョンのIE向けに記述されているサイトを検出した場合、Tridentを用いてIEと同様の描画が可能になると筆者の情報筋の1人は語っている。

 Microsoftは、1月21日にレドモンドで開催するWindows 10のプレビューイベントで、Spartanの情報をある程度まで披露する可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]