マルウェアアラート5件のうち4件は時間の無駄--米調査

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年01月20日 11時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先ごろ行われた調査の結果、企業は1週間に平均1万7000件に及ぶマルウェアアラートに悩まされている一方、信頼できるアラートはそのうちのわずか19%に過ぎず、膨大な数の誤検出が企業に年平均127万ドルの損失を与えていることが明らかとなった。

 この調査は、米セキュリティベンダーDamballaからの委託により、独立系の情報セキュリティ調査会社Ponemon Instituteが実施したもの。それによると、誤検出(後になって脅威ではないと判明するアラート)は企業に深刻な損失を引き起こす要因の一つとなっている。さらに、企業のITセキュリティ部門は膨大な数の誤検出によって些末なマルウェアの駆除に追われ、ビジネスに大打撃を与えるような本当に危険な脅威に対処できなくなる恐れも生じている。実際、誤検出率の高さと、脅威に対処するためのリソースの不足が原因で、企業で最終的な調査に至るアラートは全体のわずか4%に止まっている。しかし、大量の誤検出に悩まされる一方で、調査に参加した企業の60%は1年前と比べマルウェアの脅威が増加したとも回答している。

 調査によると、企業は1週間に平均して600時間をマルウェアへの対処に費やしており、そのうちの230時間はマルウェアの被害を受けたネットワーク、デバイス、アプリケーションの修復および更新作業だ。加えて、マルウェアに関する情報の調査に199時間、そうした情報の取得に73時間、情報の評価に54時間、マルウェア対処計画の立案に17時間、マルウェア対処の結果報告に13時間が浪費されている。

 なお、調査に参加した企業の3分の1近くが「場当たり的」なマルウェア対処を行っていると回答しており、そうした対処方法が全体的なコストを上昇させている可能性は否めない。また、調査では企業が多額の費用をかけて運用しているセキュリティ製品を信頼していない実態も浮き彫りになっており、参加した企業の多くは、自社で運用するセキュリティ製品が毎週40%のマルウェアを見落としている可能性があると回答している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算