編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Windows 10」で挽回なるか--マイクロソフト次期OSの課題と好機

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 川村インターナショナル

2015-01-20 14:33

 Microsoftは米国時間1月21日に次期OS「Windows 10」に関するさらなる詳細を発表する予定だ。その内容はスマートフォン上やタブレット上における同OSのルック&フィールが主になると考えられている。

 Mary Jo Foley氏によると、MicrosoftはARMプロセッサ、そしておそらくはIntelプロセッサを搭載した「Windows Phone」端末上や小型の「Windows」タブレット上で稼働するWindows 10のバージョンを披露する可能性が高いという。

 Microsoftは、タブレット向けやスマートフォン向けのアプリ開発を容易にすることで、デスクトップの世界における自社の優位性をモバイルの世界に持ち込みたいと考えている。

 アプリ開発を容易にすることができれば、そのような方向へと進んでいくうえでの足がかりにはなるだろうが、Microsoftが望んでいるような状況の打開には結びつかないだろう。モバイルの世界で、同社のWindows Phoneは2強から大きく水をあけられた3位に甘んじている。

 一般的には、同社はタブレットの脅威に対抗しようとするあまり、「Windows 8」を過度にモバイル寄りの製品にしてしまったと考えられている。

 その結果、Windows 8のタイルインターフェースに関する従業員の再教育に懸念を抱く保守的なビジネス顧客をひるませただけでなく、ハードウェアの魅力の低さで、あるいはその価格が原因でタブレットユーザーの獲得でも思うような成果を出せていない。Microsoftはタブレットメーカーに対するライセンス料金の引き下げによってWindows 8搭載製品の魅力を高めようとしたが、いまだに苦戦を強いられている。

 このため、MicrosoftはWindows 10で、そのエコシステムがコンシューマーにとっていかに有益であるかを実証する必要がある。つまり、PCとタブレット、スマートフォンをすべてWindowsで統一する方が、例えばWindows搭載PCと「Android」搭載タブレット、「iPhone」を使用するよりも良いという理由を示す必要があるわけだ。

 しかし、Windows 10の成功に必要なことはそれだけではない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]