編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

リバーベッド、WAN最適化専用機「SteelHead CX」新モデル--SaaS性能も可視化

NO BUDGET 田中好伸 (編集部)

2015-01-22 17:44

 リバーベッドテクノロジーは1月22日、WAN最適化専用機(アプライアンス)の新モデル「Riverbed SteelHead CX 70」シリーズを発表した。ハードウェアのフォームファクタを刷新した。

 SteelHead CX 70はソリッドステートドライブ(SSD)をベースのアーキテクチャにしてメモリを二重化、処理能力を増強してハードウェアを全面的に刷新しているという。ソフトウェアとして2014年11月に発表した「Riverbed SteelHead 9.0」と「Riverbed SteelCentral AppResponse 9.5」を搭載している。

 SteelHeadは、WANの最適化や高速化を担うソフトウェア。SteelCentral AppResposeは、管理機能のSteelCentralの一機能。最新版のSteelHead 9.0はオンプレミスパブリッククラウドSaaSなど1100以上のアプリケーションを認識できるようになっている。

 SteelHead 9.0とSteelCentral AppRespose 9.5と統合したSteelFlowはオンプレミスとオフプレミスの両方のアプリケーションの性能を可視化する。ハイブリッドクラウド環境で活用されるアプリケーションのどこがボトルネックになっているのかを把握して、性能を向上させることができるとしている。サービス向けのWANキャパシティを最大で5倍増強できるという。

 暗号化通信のSSL/TLSプロトコルを使用して最適化された接続を100%サポートし、今日のアプリケーションのトランスポートセキュリティ要件に対応できるとも説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]