編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「iOS 8」の普及率は72%--25%が今なお「iOS 7」

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2015-02-04 10:46

 Appleが公開した最新の集計結果は、すべての「iOS」搭載デバイス(「iPhone」「iPad」)の25%で、まだ同社製モバイルOSの旧バージョン「iOS 7」が使われていることを示している。

提供:ZDNet
提供:ZDNet

 「iOS 8」の普及率は、ここ2週間でわずかに3ポイントだけ上昇し、iPhoneとiPadを合わせると5億3000万台に相当する。

 しかし、その残り、iPhoneとiPadのうち1億8500万台ものデバイスで、旧バージョンのiOS 7が使われていることになる。これらのオーナーは、アップグレードできないか、またはする気がない人たちだ。

 こうした集計結果を公開するわずか数日前、AppleはiOS 8ソフトウェアのマイナーアップデート「iOS 8.1.3」をリリースした。同社によると、ソフトウェアアップデートの実行に必要なストレージ容量を低減したという。

 ストレージ容量の問題は、自分のデバイスをアップグレードしようとしていたが容量不足のためにできなかった多くのユーザーにとって、大きな不満の種だった。容量を空けるにはデバイスから写真、動画、楽曲を削除しなければならなくなるため、多くの人がアップグレードを思いとどまった。

提供:CNET/CBS Interactive
提供:CNET/CBS Interactive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]