編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「MongoDB」アップデート迫る--新搭載DBエンジン「WiredTiger」でどう変わる?

Toby Wolpe (ZDNet UK) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-02-09 06:00

 「MongoDB 3.0」は、これまで7つのリリース候補が公開されており、一般リリースは3月の予定だ。このリリースには、新しいストレージエンジン「WiredTiger」と、ツールセット「Ops Manager」が搭載される。

 MongoDBは、オープンソースのNoSQLドキュメント指向データベース。今回、バージョン2.8からバージョン3.0へと数字が飛んでいる。これは、MongoDBによれば、今回の新しいリリースが単に漸進的な変化にはとどまらず、高速のストレージや優れた圧縮機能といった、元々バージョン3.0のために計画されていた多くの機能を含んでいるからだという。


Eliot Horowitz氏
提供:MongoDB

 MongoDBの共同設立者で最高技術責任者(CTO)のEliot Horowitz氏は次のように語っている。「MongoDB 3.0は、本当にいろいろな意味で全く新しいMongoDBだ。新しいストレージエンジンとOps Managerを搭載しており、この2つが、人々のやり取りの仕方や、MongoDBで使えるアプリケーションの種類、企業への受け入れられ方といった多くの面を変える」

 MongoDBによれば、同社が2014年12月に買収したWiredTigerは、書き込みが多いアプリケーションに向けて従来のエンジンの7~10倍高速で、業界標準である80%の圧縮率を備えているほか、メモリ管理機能が向上しているという。

 「WiredTigerは、MongoDBを使用するアプリケーションの種類を大きく変える、はるかに進化したストレージエンジンだ。特に書き込みの多いアプリケーションや、特にミッションクリティカルな状況でパフォーマンスを発揮し、予測可能性を実現するだろう」(Horowitz氏)

 同社はモノのインターネット(Internet of Things:IoT)や時系列データ分析、メッセージングや不正検出といった、今後考えられる新しい分野のアプリケーションを挙げている。

 「時間的制約のあるクライアントが存在する、あらゆるアプリケーションに適用できる。金融分野では、時間が重要で遅延をなくしたいという多くのユースケースが考えられる。あるいは音声通話を扱う電話会社では、物事をリアルタイムで動かしているので、リアルタイムで変更することが可能でなければならない」(Horowitz氏)

 「率直に言って、どんなウェブサイトでも、あるページをユーザーに提供するために多くのデータベースクエリを実行しなければならない場合に、バッググラウンド処理のせいで時々ユーザーを3秒間も待たせたりしたくはないだろう。人はウェブページが非常に安定していて予測可能で、何の異常もなくスムーズに動いてほしいと思うものだ」(Horowitz氏)

 Ops Managerは、2014年10月に機能拡張されたクラウド自動化ツール「MongoDB Management Service」のオンプレミスバージョンだ。

 「分散型データベースでは、少数のサーバをデプロイするのではなく、数百台、数千台というMongoDBサーバをデプロイしている。それを容易にスケールアウトし、きわめて大規模かつ効率的に管理するためのオペレーションツールが必要になる」(Horowitz氏)

 「Ops Managerは、システムのデプロイメントからモニタリング、バックアップまで何でもそろっており、あらゆるものを管理できるようになる」(Horowitz氏)

 「分散型データベースを使ってきた人々は、大規模なクラスタ環境のローリングアップグレードが20倍高速になると言っている。以前はスクリプトを書いて、数百台のサーバに手動でログインしなければならなかったのが、ボタンをいくつかクリックすれば、あとは進行状況を見ながらコーヒーでも飲んでいればよくなった」(Horowitz氏)

 元はオープンソースライブラリの「Berkeley DB」(現在Oracleが所有)を開発したアーキテクトたちが手がけたWiredTigerストレージエンジンは、これまでなかったドキュメントレベルロック機能を提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]