噂されるアップルの自動運転車開発プロジェクト「Titan」--それが合理的でない理由

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年02月20日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間2月14日の報道によると、Appleは自動運転車の開発を目指して、自動車の専門家やサプライヤーと話し合いを行っているという。

 Reutersは、この話し合いに詳しい1人の情報筋の話として、Appleは「自動車全体を製造する方法を探っている」と報じた。同社は現在、ソフトウェアや個々の部品だけを設計しているが、自動車全体の製造はそれとは異質の事業だ。

 The Wall Street Journal(WSJ)もそうしたプログラム(開発コード名は「Titan」)の存在を確認した。

 Appleが自動車の世界に初めて足を踏み入れたのは、「CarPlay」を発表したときだった。2014年に発売された一部の新車だけで利用できるこのダッシュボードベースのシステムは、運転中に「iPhone」を使用できる機能を提供する。しかし、報道を信じるなら、同社は現在、自動車分野への取り組みをさらに推し進めたいと考えているようだ。

 しかし、Appleの動きは、自動運転車の発売を目指すGoogleの最近のdrive(動きのこと。だじゃれを失礼)を受けてのものだったのかもしれない。

 つまらない対抗意識以外に合理的な理由は考えられない。なぜ自動運転車なのか。今回に限っては、筆者も「テレビを開発した方がはるかに理にかなっている」と言いたい。

 自動車の利幅は非常に大きいに違いない。利幅が最大で15%になることもある高級車ならなおさらだ。Appleの製品は既にハイエンドの部類に入る。同社は自社製品を競合製品より高値で販売し、その利益を短期間で確保している。iPhoneの購入サイクルは約12~18カ月である(携帯電話の契約によって大きく異なるが、ほぼ毎年、12月のホリデーシーズン後の最初の四半期に販売台数が記録的な数字を示すのはそのためだ)。通常、「iPad」の購入サイクルはiPhoneより長い。販売台数が発売当初にピークに達した後、下降線を描くのはそのためである。

 読者の皆さんが最後に自動車を購入したのは、いつのことだろうか。5年ごと、あるいは10年ごとに買い替える人もいるかもしれない。Appleはどのようにして着実で安定した売り上げを自動車から得るつもりなのだろうか。

 少なくともテレビの場合、戦略を誤らなければ、短い購入サイクルから利益を確保することも可能だ。実際に、Appleは「Apple TV」セットトップボックス(STB)でそれを実践している。ただし、テレビはSTB以上のものになる可能性を秘めている。より強力な性能と、より多くのアプリケーションや機能をエンドユーザーに提供するテレビをAppleが発売すれば、歴史に名を残すスマートテレビになるかもしれない(ユーザーの会話を盗み聞きする機能は搭載しないでほしい)。

 しかし、少なくともApple TVはそれ自体で利益を生むことができる。Apple TVは、リビングルーム向けのEコマースプラットフォームだ。映画を見たくなったら、ソファーに座ったままでストリーミング配信を楽しむことができる。自動車と同様に、購入サイクルが5年程度になることもあるテレビをSTBのように収益化できない理由はない。

 Appleにとって最大の難題は、ソフトウェアの提供から一歩踏み込んで、自動運転車を収益化する方法を見つけることだろう。現在、自動車は燃料費(これは電気自動車が普及すれば変わるかもしれない)や修理、点検などで、絶えず所有者の財布からお金を得ている。ユーザーにとって、自動車は金食い虫だ。

 自動運転車は未来かもしれない。そして、Googleへの対抗意識がAppleを悩ませているに違いない。Googleがこの分野でAppleに圧倒的な差を付けていることを同社は認識しているからだ。

 しかし、Apple(やそのほかの企業)はどのようにして自動車から長期的な利益を得るのか、という重要な要素が明らかになるまで、それは無駄な試みといえるだろう。

figure_1
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 真に基幹系システムを動かすクラウドの条件とは?

    今、企業においてクラウドは、あたりまえの選択肢となっている。しかし根幹を支える基幹系システムでは、クラウド化を検討しても諦めている企業が多い。その理由は?そして解決策は?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化