編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

HP、ビッグデータプラットフォーム「Haven Predictive Analytics」を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-02-18 12:25

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間2月17日、オープンソースのビッグデータプラットフォームである「HP Haven Predictive Analytics」を発表した。このプラットフォームによって、大規模データを扱う企業における機械学習や統計分析の能力が強化されるという。

 このプラットフォームは、統計解析用の「R」言語をベースにして同社が開発した「Distributed R」の新バージョンを活用している。HPによると、同プラットフォームにより開発者は今までよりも規模の大きな、ペタバイト級のデータセットを分析できるようになるという。

 同社によると、R言語は数多くのデータサイエンティストによって使用されているオープンソースの言語であるものの、現時点までは規模という制約が存在していたという。同社は新たなレベルの予測分析機能を提供するという話のなかで、こういったスケーラビリティの向上を強調している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]