バッテリ消費量の多い「Android」アプリランキング--その実態と対策

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年03月06日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ちょっと調べたことがある人なら、「Android」でバッテリを最も大量に消費するのはスクリーンであることをご存じだろう。では、ユーザーがインストールしたアプリや、スマートフォンメーカーがユーザーのためにあらかじめインストールしているアプリは、バッテリ持続時間にどのような影響を及ぼすのだろうか。

 セキュリティベンダーのAVGは、2014年第4四半期に世界中の100万人のAndroidユーザーから収集した匿名データを基に、バッテリを最も消費するアプリのリストをまとめた。

 サムスン製品のユーザーの多くは、同社がプリインストールしたプログラムに不満を抱いている。そして、AVGの調査結果によって、バッテリ持続時間という点では、この不満は妥当であることが証明された。スタートアップ時に起動し、バックグラウンドで動き続けるアプリの中で最もバッテリを大量に消費するのは、サムスンの「Beaming Service for Beep’nGo」と「Security Policy Updates」(別名「KNOX」)の2つで、Facebookと「Waze Social GPS Maps & Traffic」がそれに続いた。

figure_1

 Dan Kusnetzky氏は2014年10月、米ZDNetに寄稿した記事の中で「Android 4.4.2」アップデート適用後に「GALAXY Note II」のバッテリ持続時間が30~40%短くなったと述べたことがある。この問題の根源は、セキュリティアップデートの確認とインストールを行うKNOXにあった。

 サムスンのメディアアプリ「WatchON」も、ユーザー自身が起動するアプリの中で最もバッテリ消費量が多いアプリのリストで1位になり、「OLX Free Classifieds」、Telstraのアプリ、Spotify Music、Amazon Androidがそれに続いた。AVGによると、Netflixは過去の調査結果で、バッテリ消費量の多いアプリリストの3位になったが、11月のアップデート後にリストから姿を消したという。

 ストレージ使用量の多いアプリのリストで1位になったのは「Tango Messenger Video & Calls」メッセージングアプリで、Daily Mail Online、Facebook、Spotify Music、「LINE camera – Selfie & Collage」がそれに続いた。6位以下は、Instagram、「Google Chrome Browser」、SoundCloud、「8 Ball Pool」「Vine」と続く。AVGによると、TangoやVine、Daily Mailといったアプリは、コンテンツをキャッシュしていることが原因でストレージ使用量が多くなるという。

 Androidユーザーにとって最後の悩みは、月額モバイルデータプランの利用可能データ量を消費するアプリかもしれない。Netflixはかつてこのリストの1位だったが、現在では10位まで下がっている。現在、このカテゴリの首位に立つのはDaily Mail Onlineで、Tumblr、Facebook、Instagram、Spotify Musicがそれに続く。6位以下は、「Yahoo! JAPAN」、「Apple Daily App」、「Yahoo Weather」、NAVERと続く。

 Androidデバイスでの利用時間は用途別では依然としてゲームが1位につけている。だが、第4四半期にゲームに費やされた時間は全体の49%で、前期の62%から減少した。この傾向は、ソーシャルアプリ(11%)やコミュニケーションアプリ(10.3%)に費やされた時間の急増とも合致する。前四半期、これらのアプリが占める割合は、それぞれ6%と3%だった。

 バッテリを最も大量に消費するゲームアプリのトップ3は、Kingの「Candy Crush Soda Saga」「Candy Crush Saga」「Pet Rescue Saga」だった。4位はSupercellの「Clash of Clans」で、Kingの「Farm Heroes Saga」がそれに続いた。

 AVGは、バッテリ消費量を節約したいAndroidユーザーに対して、「App Settings」にアクセスして、通知の必要がないアプリの通知を無効にするよう勧めている。Facebookのようなアプリの場合、Facebookチャットを無効にして、「Messenger」アプリだけを使用する選択肢もある。自動バックグラウンドダウンロードの更新間隔を長くすることも可能だ。GPS位置情報サービスを無効にする手もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化