アリババ、米国クラウド市場に進出へ

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年03月05日 10時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国のeコマース大手Alibabaは、米国のシリコンバレーに新たにデータセンターを開設し、米国のクラウドコンピューティング市場に参入することを明らかにした。

 Alibabaは米国時間3月4日、ブログ記事の中で、クラウドコンピューティングサービスを提供する子会社のAliyunが、米国市場に参入するためにデータセンターを開設する予定であることを明らかにした。Alibabaによる中国国外への初進出となる。

 Aliyunは2009年に商用クラウドサービスを開始し、現在は北京、杭州、青島、香港、深センにデータセンターを構えている。Alibabaによると、Aliyunは中国国内に140万の顧客を抱えているが、この事業を担当するAliyunのバイスプレジデントSicheng Yu氏によれば、中国はクラウド市場全体の予算の5%を占めているに過ぎず、中国国外には成長の余地があるという。しかし、同社は米国でAmazon、Rackspace、IBM、SAP、Googleなどを含む、強力なライバルと戦うことになる。

 それでも、同社はとどまるつもりはないようだ。Aliyunはすでに中国でAmazon Web Servicesとの競争を経験しており、データセンターをスタートさせた後、すぐに米国内のライバルと正面からぶつかる計画でもない。Yu氏によれば、まずは「様子を見る」ことになるという。

 「われわれは中国の顧客のニーズをよく知っている。次は米国の顧客のニーズを学ぶべきだ」と同氏は言う。

 オープン時には、仮想サーバ、負荷分散サービス、クラウドでのデータ処理とストレージのサービスが提供される予定だ。

 Alibabaによれば、同社は米国の顧客に「独自の価値」を提供することから、「当社が受け入れられる余地はある」という。Aliyunのデータ管理プラットフォームは世界最大クラスであり、米国の顧客へのセールスポイントになる可能性がある。さらに、Aliyunは米国と中国の両方でサービスを提供するため、この両国で事業を展開している企業は魅力を感じるかもしれないと述べている。

 Yu氏によれば、米国への進出は同社の国際戦略の第一歩に過ぎない。同社は2015年末までに、東南アジアと欧州にも進出する予定だという。

 「当社はこれを一歩ずつ、段階的に進めていく。最初は米国だ」(Yu氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算